『光悦 蛍の茶会』第47回星霜軒月釜

47回目の星霜軒月釜
オンライン開催 光悦の書による蛍の歌を掛け
寛永の三筆と言われる魅力や人柄に親しむ茶会をします
(初出軸)


🔷7月19日(日)
14時~16時
14時20分前からアクセス可能
待ち合い映像を流します14時席入り(アクセス締め切り)
15時半まで(ライブ放映)ご挨拶 16時迄に終了

🔴寄り付き、露地、本席、点前、解説、ご挨拶を、ライブはもちろん、画像や音声、過去の月釜スライド等でもお楽しみいただきます。
ご家族、ご夫妻でも楽しめます。


🔴お菓子はもちろん、神楽坂梅花亭の井上豪製、星霜軒好みのオリジナルです

🔷人数
恐れ入りますが菓子と記念品の準備の都合上、約30名(アカウント)を上限にいたします。受付は先着順となります。

🔷会費
5000円
(茶席のオリジナル創作和菓子・抹茶・会記と解説、お土産を後送します)
お連れ様価格 2000円
ご家族など、同一端末でご一緒に参加する場合、1人につき2000円で人数分の菓子と記念品を同梱でお送りできます
※ただし三密は避けて、集まり過ぎないようお願いいたします!※視聴するだけのお連れ様は費用はかかりません!歓迎します

🔷参加方法
参加するには、無料アプリのズームのアカウントが必要です
(84歳の母も自力で取得できました。解らない方は可能な限り事前にフォローしますね。)当日までに、参加者のみにリンク先への招待を送ります
(メッセンジャー、メール等)インターネット環境のあるパソコン、スマホ、タブレットからなら、世界中どこからでも参加できます!アクセスはご自宅に限らず外出先からでももちろん可能です
(周囲が賑やかな場合はイヤホンのご利用をお勧めします)※こちらにお顔をみせたくない場合はカメラをオフにできます
またお客様側の音声は基本的にオフ(ミュート)でご視聴ください
ご挨拶時に一部マイクをオンにする場面がありますが強制しません

🔷その他
画面を撮影は可能です
録画や、茶道具や人物のみのアップを投稿するのはご遠慮ください
投稿記事にコメントで参加人数を記入してください
こちらからの返信で受付としますご不明点はお問い合わせください✨

facebookページはこちら

🔷月釜お申し込みの皆様へ

🔴お会費は7月10日(金)迄に下記口座にお振り込みでお願いいたします

◼振り込み口座

◼みずほ銀行 麹町支店 
普通口座1323310 ヨシモリヒカリ お申し込み者のお名前で合計額をまとめてお振り込みください

お一人の参加 5000円
お連れ様1名につき  2000円
視聴のみお連れ様 0円

後日、菓子、抹茶、記念品、会記をお送ります

海外から参加の方(1アカウント毎)視聴のみ 3000円
お連れ様視聴 0円

お手数おかけいたします
お振り込みいただきましたら恐れ入りますがご一報いただきその際に、
菓子等の送り先の
🔷ご住所
🔷お名前漢字
🔷連絡先番号
を個別メッセンジャーでお知らせくださいませ

🔴18日(土)14時~45分程度プレトーク座談会接続テストを兼ねて開催します参加は任意です※7月17日(金)に、参加予定の方を対象にプレトーク座談会のリンク先を送ります

🔴7月19日(日)の茶会当日の招待リンクは7月18日(土)の24時迄に一回と、茶会当日の19日(日)昼頃にも、再度、リンク先を送ります


第47回 星霜軒月釜
『光悦 蛍の茶会』を終えました
雨、雨、雨、雨…の中の
梅雨晴れ間
一斉に囀ずる小鳥のような気持ちで
画面に向けて語りました
皆様と
私たち二人と
梅花亭のお菓子たちと
光悦さんの書をはじめ
琳派の道具たちと
そして星になった先達たちと…
みんな繋がっていることを悦び合い
それぞれの『母の哲学』を大事にしていることも後のメッセージで知り得ました
光悦の生きた時代は
安土桃山文化から江戸文化への転換期
今の世の中にも重なります
激変する世の中に居ても
変わらない家族の絆と暮らし
自分の信じるところを信じ
優しく美しくあろうとする生き方
時代は違えど人は変わらず
時の流れは驚くほどに速いけれど
ご一緒できたこのひととき…
またひとつ私たちの宝物ができました✨
パソコンを閉じ
再び釜の蓋を開け
万感の想いを込めて茶筅を振り
亭主双服のお茶を戴きました
少しずつ会記や写真も上げますが
今日は余情と疲労に包まれて
夜空を一口に吸い付くして
眠ります
おやすみなさい
ありがとうございます
      星霜軒 吉森